ま・めいぞん小石川は、地震その他の災害に強く、
小さなお子様や、お年寄りのいるご家庭にも安心です。

*震度8の地震に耐えられる耐震設計です。
*小石川台の堅固な地盤の上に建っています。
*高台にあり、土砂災害・水害の怖れはありません。
*地震発生時の建物倒壊・火災による地域危険度は低レベルです。
*低層6階建てで、緊急時の避難やエレベーター停止時にも安心です。
*一時避難所、東京都指定避難場所は、いずれも至近です。


図1-明治42年の水系図 *1
図2-沖積層基底等深線図 *1

小石川台は、
地震に強い堅固な地盤です。


 当マンションは、武蔵野台地の一部、小石川台にあります。
 図1は文京区周辺の陰影起伏図で、が当マンションのある位置です。水色は明治期の川や池、ピンクは湿地です。
 当マンションは周辺の傾斜地からも離れた、標高18メートルの高台にあります。

 小石川台の地盤は約2万年前までに形成された洪積層と呼ばれるもので、古い地盤のために堅固で、ビルを建てる際に基礎を支えるための支持基盤に使われています。
 洪積層の上に堆積した地層は沖積層と呼ばれ、その深さを示しているのが図2の沖積層基底等深線図です。肌色が0~-10m、薄茶色が-10~20m、黄緑色が-20~30m、茶色が-30~40mという順に深くなっています。

 沖積層基底が深いほど沖積層は厚くなりますが、新しく堆積した沖積層の地盤は軟弱です。そのため、洪積層に比べて地震の揺れが大きくなるといわれています。
 洪積台地の堅固な地盤に建っている当マンションが、地震の揺れに強いことがわかります。

図3-砂層分布図 *1
図4-地下水位分布図 *1
図5-液状化予測図 *1

大地震が発生しても、
液状化の恐れはありません。


 地盤の液状化は、地表面の緩い砂層に地下水が入り込み、地震の揺れによって砂層が崩れて流動化することが原因だといわれています。
 その地表面の緩い砂層は有楽町層上部と呼ばれ、沖積層の最上部にありますが、一般には盛り土に覆われて見えません。

 その有楽町層上部の厚さを示したものが、図3の砂層分布図です。水色が4m以下、黄緑色が4~6m、黄色が6~8m、茶色が8~10mと順に厚くなっていきます。

 液状化のもう一つの原因は地下水です。
 地下水の地表からの深さを示したのが図4の地下水位分布図です。水色が0~1m、緑色が1~2m、深緑色が2~3m、茶色が3~4m、ピンクが4m以上となっています。紺色は川や池です。
 地盤の液状化には、緩い砂層と地下水位の高さが条件として必要ですが、にある当マンションはいずれの条件も該当してなく、液状化の恐れはありません。

 図5は東京都が公表した液状化予測図で、ピンクが液状化の可能性の高い地域、黄色が液状化の可能性のある地域、グリーンが液状化の可能性の低い地域です。
 当マンションは、液状化の可能性が低いグリーンの地域に属しています。

図6-文京区周辺の土砂災害危険箇所 *2
図7-文京区周辺の土砂災害危険箇所 *2

豪雨や地震による、
土砂災害の危険はありません。


 東京都では、土砂災害警戒区域・特別警戒区域のほかに、土石流・地すべり・崖崩れの危険のある土砂災害危険箇所を公表しています。
 都区内にも崖崩れの危険のある急傾斜地崩壊危険箇所が多数あり、台風や集中豪雨などの大雨、地震の揺れなどによって崖崩れが発生する怖れがあります。

 図6は文京区周辺の土砂災害危険箇所で、地図上に小さな数字が並んでいるところが、急傾斜地崩壊危険箇所です。
 図7は、当マンション周辺地域を拡大したもので、ピンクに塗られたところが急傾斜地崩壊危険箇所です。
 の当マンション周辺に、土砂災害の危険箇所はありません。

図8-砂層分布図 *1
図9-地下水位分布図 *1
図10-文京区水害ハザードマップ *3
図11-小石川周辺の過去の浸水履歴 *4

高台にあり、水害の可能性は
ほとんどありません。


 水害は平野部で多く発生しますが、小石川台のある武蔵野台地でも水害は発生します。
 その多くは、谷底低地と呼ばれる、台地を削って流れる河川流域や、かつて渓流の流れていた谷筋です。大雨により川や地下の下水管があふれて水害が発生します。
 また、地下水位の高い池の周辺や、窪地などの低地でも水害が起きます。

 砂層分布図の砂層のある場所は、かつて川や沢が流れていた流域であることを示しています。図8は、砂層の厚さを示し、水色が4m以下、黄緑色が4~6m、黄色が6~8m、茶色が8~10mです。
 図9の地下水位分布図は地下水の地表からの深さを示しています。水色が0~1m、緑色が1~2m、深緑色が2~3m、茶色が3~4m、ピンクが4m以上、紺色は川や池です。

 砂層のある場所は、地下水位の高い場所とあわせて、水害の可能性があります。
 にある当マンションは、いずれにも該当していません。

 図10の文京区水害ハザードマップは、平成12年9月に大水害をもたらした東海豪雨を想定したもので、文京区では神田川・隅田川・新河岸川流域の浸水が予想されています。浸水深は、青色が2~5m、水色が1~2m、黄緑色が0.5~1m、黄色が0.2~0.5mです。
 浸水域が、砂層分布図・地下水位分布図と重なっているのがわかります。

 当マンションは標高18メートルの高台にありますが、文京区水害ハザードマップによれば、豪雨によって地下の下水管があふれた場合、一時的に周辺で0.2~0.5mの浸水の可能性があるとされています。
 ただし、文京区が公表している図11の過去の浸水履歴(平成元年~平成24年4月1日)では、当マンション周辺で水害は発生していません。が浸水発生場所、が当マンションです。

図12ー地域危険度マップ:文京区 *5
地域危険度一覧表:文京区 *6

地震発生時の家屋倒壊・
火災の危険度は低レベルです。


 首都地震では、地震によって発生する木造家屋の倒壊、火災発生による延焼、交通障碍や狭い道での避難・消火・救助活動の困難が心配されています。
 東京都ではこれらを建物倒壊危険度、火災危険度、総合危険度に分類し、災害時活動困難度を考慮した地域危険度マップを公表しています。

 図12は文京区の地域危険度マップです。
 灰色のドットが建物倒壊危険度4~5、赤色の斜線が火災危険度4~5、肌色が災害時活動困難度を考慮した総合危険度4~5の地域です。グリーンは避難場所です。
 危険度は1~5のランクに分類され、数値が大きいほど危険度が高くなります。地域危険度マップには、これら3つの危険度が重なっている地域もあります。

 が当マンションの位置ですが、周囲に危険地域はなく、近くには3か所の広域避難場所があります。

 地域危険度一覧表は、各危険度ランクを示したもので、ピンクの欄が当マンションのある小石川5丁目です。
 順位は、東京都の市街化区域にある5,133町丁目を、危険度の高い順に並べたものです。
 小石川5丁目の危険度ランクはいずれも低く、災害時活動困難度を考慮した総合危険度は最も低いランク1、危険度の順位は5,133町丁目中の3,723位と、比較的安全な地域とされています。

図13ー文京区防災地図 *7

安心な耐震設計と低層建物で、
指定避難場所も至近です。


 当マンションは、震度8の地震に耐えられる耐震設計です。
 また、低層6階建てで、1~4階が賃貸ルームとなっていますので、地震などの緊急時、エレベーター停止時にも安全に避難することができます。
 小さなお子様や、お年寄りのいるご家庭にも安心してお住まいいただいています。

 図13は文京区防災地図で、にある当マンション周辺の避難所・避難場所を示しています。赤い線で囲まれた黄色が一時避難所、グリーンの斜線で囲まれたところが東京都指定避難場所です。
 当マンションがある久堅西町会地区の緊急時の一時避難所は文京区立第一中学校、東京都指定避難場所は教育の森公園・お茶の水女子大学一帯となっており、いずれも200~400メートルの至近にあります。

 教育の森公園・お茶の水女子大学一帯の区域面積は350,054㎡、避難有効面積は190,037㎡です。
 付近には区域面積161,202㎡、避難有効面積67,575㎡の小石川植物園もあり、安心して生活できる防災環境の整った地域です。

引用資料
*1:東京都土木技術支援・人材育成センター「東京の液状化予測」
*2:東京都建設局「土砂災害危険箇所マップ」
*3:文京区「文京区水害ハザードマップ」
*4:文京区「過去の浸水履歴」
*5:東京都都市整備局「地域危険度マップ」
*6:東京都都市整備局「地域危険度一覧表」
*7:文京区「文京区防災地図」